自動車の保険には読者の皆様も知っているかと思われますが等級と呼ばれる制度が存在します。正式にはノンフリート等級別料率制度といわれ、保険料金にかなり多大に関係しているのです。等級は、車の保険への加入者の公平さを可能な限り担保することを目標とするためトラブルを起こしてしまう危険性ないしは、自動車の損害保険を利用する見込みが高ければ高いと認められるほど月額の掛金が上がります。逆に自動車事故を発生させる可能性が少なくクルマの損害保険を適用されるとはあまり考えられない人に関しては、優良加入者であるだろうと認められ保険の料金が低廉になります。安全にマイカーを運転する被保険者の方が優遇される制度には違いないので、交通事故を起こしてしまいやすい運転手には多少不都合な制度であると考えられます。等級という枠組みは、リスクの低いドライバーと事故の見込みが高い被保険者の掛け金が同額だとフェアでないと考えてしまう利用者が多数であるため保険の提供側側にとっても経営上のリスクを減らすためにどうしても欠くことのできない機構だといえるでしょう。等級という枠組みが詳しくはどういった枠組みなのか簡単に明示いたします。はじめに、等級の数には1等級から20等級まであり、級が上昇すると月額の掛金が割り引かれるようになっております。第二に1等級より3等級の間においては値下げされず、かえって値段が上がり、トラブルを発生させてしまいクルマの保険を利用してしまうと3等級引き下がってしまい、負担が増した車の損害保険を払うことになるという仕組みになっています。第三に新たに自動車保険に入るケースにおいては六等級という級からの開始になり、その級から自分の数が下がるのか高くなっていくのかは契約者次第です。ゆえに掛け金を安くしたい人は、アクシデントを防ぐために安全運転に留意するのがまずは最も大切といえるでしょう。