車での事故は自分だけの事故と誰か他の人が巻き添えになった自動車事故がございます。自分だけの事故の時には自身だけで事故処理をするだけで終了となりますが自分以外に影響を与えた自動車事故は互いにどれくらい不注意があるのかを分析し、その結果によってマイカーの修復のお金が示談金の額がいくらになるのかなどが決定しますので、車の保険会社の専門家を交えての調整が必要不可欠です。大部分の自動車の事故の時それぞれにちょっとは過失がある場面が大多数で片方だけの手落ちであるという状況は多くないようです。もちろん信号を無視してしまったり一時停止を無視した等はかなりの責任がありますが被害を受けた方にも間違いがあると言われます。車での事故の状況ではどの車のミスが原因で発生したのかという結論が物凄く焦点になりますので、この結果を数値で表した基準が過失割合になります。例えば、先ほどの赤信号無視や一時停止で止まらなかった状況であるならば、道路交通法では相手方に100%手落ちがあるように考えますがこの場面でその車が正面から来ており見て確かめられるケースだと自動車の事故の被害者でも注意不足であったとして10%ほどの落ち度があると言われる事もあります。言うならばこの場合では加害者が9割事故に巻き込まれた自分が1割割合となって過失が大きな側に過失が問われるのです。そして事故の過失割合は前の車の事故の判例を基準に判断されることがケースが多く、日弁連交通事故相談センターから明示されている過失割合認定基準表等がベースとして用いられています。この過失割合で、数値が大きければ落ち度結果として賠償しなければいけない額も大きくなる可能性が高いので話し合いは事故に巻き込まれた人だけでなく自動車の保険の担当の人を交えてきっちりと協議することが重要です。